JFしんみなと(新湊漁協について
JFしんみなとの施設紹介
JFしんみなとの概要・組織
JFしんみなとへのアクセス


TOPへ戻る
JFしんみなと(新湊漁協)について
お魚どころ『しんみなと』
新湊漁港は富山湾内でも有数の漁港です。水揚げされる魚種も漁獲も多く、おいしい魚介類に恵まれた好漁場です。
富山湾の中心 新湊漁港
新湊漁港は富山湾の中心部、最も奥深いところに位置しています。そのため、回遊魚が多く集まります。また、庄川・小矢部川の2大河川の河口部に位置し、地元では『あいがめ』と呼ばれている海谷も発達しているため、深海性の魚介類も多く、四季を通して多くの魚介類に恵まれています。
 大型・中型・小型の定置網、刺し網、底曳き、中層曳きの曳き網・イカつり・カニかご・バイかご漁船など、日本海で行われているほとんどの漁法による漁獲が行われています。
春はほたるいか、白えび、夏にはこづくら(ブリの幼魚)、あじ、いか、秋にはズワイガニ・紅ズワイガニ、カマス、フクラギ(イナダ・ハマチ)など、冬にはブリ・シブコ(まぐろの幼魚)、タラ類、ホッコクアカエビ(甘エビ)、その他年間を通して漁獲されるバイ貝やゲンゲなど、季節によって様々な魚介類が市場を賑わします。